もどる

1.本校の教育目標
  心身ともに健康で、知・徳・体の調和のとれた、思いやりのあるたくましい生徒を育成する。
◎めざす生徒像
 ・生命を尊び、心と体を鍛え、たくましく生きぬく生徒
 ・深く考え、自ら学ぼうとする意欲と行動力のある生徒
 ・礼節を重んじ、明るく、思いやりのある心豊かな生徒
 ・南部中生徒としての誇りと強い意志をもち、最後までやりぬく生徒
   「NEVER GIVE UP!」「NEVER TOO LATE!」
2.経営方針
◎めざす学校像
 ・生  徒------学びたくなる学校
 ・保護者------学ばせたくなる学校
 ・教  師------勤めたくなる学校
○教育目標の具現に向け教師力を高めるとともに,「和と師弟同行」の校風を尊重し,職員相互の信頼
関係を深める中で,学校力の強化に努め,「未来を拓く子どもの育成」と「魅力に富む信頼される学校づくり」の展開を図る。
 ア 生徒一人一人を大切にする学校
  ・「すべては聞くことから始まる」を合言葉に,生徒とのふれあいを大切にし,生徒一人一人の個性の伸長や能力を生かす指導の徹底を図る。
 イ 確かな学力をつける学校
  ・よくわかる授業を実践し,基礎・基本の確実な定着を図り,学習意欲の向上と,思考力,判断力,表現力を育てる。
 ウ 豊かな心を育む学校
  ・道徳の時間の充実や体験活動を通して,豊かな情操を培うとともに,自律心や思いやり・感動する心を育てる道徳・福祉教育を推進する。
 エ 健やかなからだをつくる学校
・望ましい生活習慣の定着を図り,部活動を通して「心と体」を鍛え,たくましく生きる力を育成する。
 オ 「生き方」指導を大切にする学校
・総合的な学習の時間や学校行事等を系統的・計画的に実施し「生き方」に関する職場体験などの学習を推進する中で,主体的に進路を選択・決定する能力を育てる。
 カ 国際理解教育を推進する学校
  ・教科や総合的な学習の時間、自主的な各種支援活動等を通して,日本や外国の文化・伝統の理解を深める。
 キ 潤いのある学校
  ・学校内外の環境の整備・美化に努め,健康で安全な生活を作り出す教育活動を推進する。
 ク 保護者・地域から信頼される学校
・各種たより,ホームページ,終日学校公開等を通して,家庭・地域社会との連携を密にし,信頼と協調で結ばれる開かれた学校をめざす。また,学校運営協議会準備委員会(コミュニティ・スクール準備委員会)を通して,地域・保護者・学校の連携を強化する。
  
3.本年度の重点努力目標
  ア 「基礎学力」の定着と学習意欲の向上(小中一貫した学習ルールの徹底、授業の改善、ティーム
    ティーチングによる個別指導の充実、質問学習・補充教室の充実)
  イ 「心の教育」や体験的な活動の充実(教科・道徳・総合的な学習・学校行事・読書)
  ウ 自らの「生き方」を考える進路指導の充実(進路指導・総合的な学習)
  エ 読書や部活動の充実(朝読書・部活動・生徒指導)
  オ いじめの予防と迅速な対応、不登校生徒の解消(生徒指導・教育相談、適応指導、家庭訪問)